スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | - | - | -
【演劇】ペテカン「青春荘の人々2〜梅雨の中休み〜」
◆ペテカン「青春荘の人々2〜梅雨の中休み〜」
http://petekan.com/
2008/06/07(土) 〜 2008/06/15(日)
@新宿THEATER/TOPS



愛とか夢とか友情とか、
金とか結婚とか情熱とか、
三十路ロードを突っ走る
今更青春雨空物語。

都会のほんの片隅に、忘れ去られたかの様にポツンと建っているオンボロアパート青春荘。
そこには三十路を越えてもグータラ ダラダラな日々を過ごす人生負け組七人衆が住んでいた。
入院した管理人のおじいちゃんに代わって、孫娘の涼子が臨時管理人としてやって来て一年が過ぎた。
そして二度目の梅雨を迎えようとしている。
今日も賑やかな青春荘。しかし、のんちゃんの一言で事態は急変する。
どうする寛太?どうなる青春荘?

続きを読む >>
カテゴリ:*STAGE* | comments(0) | trackbacks(0) | -
【演劇】劇団パラノイア・エイジ「夜叉王の面」
◆劇団パラノイア・エイジ「夜叉王の面」
http://www.paranoiaage.com/
2008/04/30(水) 〜 2008/05/06(火)
@「劇」小劇場



平安時代後期、源家と平家により繰り広げられた永き争いは、壇ノ浦において平家滅亡という形で幕を閉じた。然し、平家の勇将 平知盛(たいらのとももり)は、三人の我が子と自らの白扇を敵将北条氏へと送り自害する。北条は平家筋で有りながら、此れを裏切り源家に組した平家にとっては憎き裏切り者であった。此れを不審に思った北条の嫡男、義時は此の白扇を見て狼狽する。知盛より送られたその白扇にはは、ただ一文字「血」と記されていたのだった。そして時は流れ・・・

続きを読む >>
カテゴリ:*STAGE* | comments(0) | trackbacks(0) | -
【演劇】劇団桃唄309「月の砂をかむ女」
◆劇団桃唄309「月の砂をかむ女」
http://www.momouta.org/
2008年4月16日(水)〜20日(日)
@東京/中野 ザ・ポケット




「もう帰ってこなくていい」と女房は言った

都営の月面基地。閉鎖環境のなかで任務をこなしつつ、帰還の日を待つ彼らの前に、立ちふさがる壁。食料の不足、酸素ジェネレーターの故障、心霊現象、通信機材の不具合、盗難事件、ファーストコンタクトっぽい出来事、そして帰還日の大幅な延期。ハイテクに囲まれすぎているが故に、生きて帰る、そのことだけを目標にはしきれない人たちの、じたばたする日々。

続きを読む >>
カテゴリ:*STAGE* | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/4PAGES | >>