<< 「TOKYO No.1 SOUL SET ONEMAN LIVE 2006」 | main | 2006 ライブリスト&データ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | - | - | -
2006 DISC & SONG
■Disc Best5
NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER XXX!!!
NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER XXX!!!
NATSUMEN

Nothing is difficult to those who have the will
Nothing is difficult to those who have the will
my way my love

二階堂和美のアルバム
二階堂和美のアルバム
二階堂和美

Pieces of the People We Love
Pieces of the People We Love
The Rapture

ナイト・オブ・トロピカリア
ナイト・オブ・トロピカリア
ノントロッポ


並びは発売日順で。
あんまり音源を買わないわたくしですが、今年はそれでも「これは好きすぎる!」と思うアルバムにめぐり合えました。
NATSUMENと二階堂さん。
両方とも、何回聴いても大好きです。全く飽きません。
NATSUMENは真冬に発売されて、大雪吹雪の中MDウォークマンで聴いてたんですが、それでも夏の終わりの気分が蘇るんですよ。あの、白い風景の中で聴いた時の、ホワイトアウトしそうな瞬間ってのは忘れられない感覚です。
二階堂さんは、もう、歌ものアルバムとしてはここ数年レベルでも自分内最高峰。


■Most Impressive Song of 2006
「Natsu no Mujina」 NATSUMEN
「今日を問うpart2」 二階堂和美

あとから2006年を振りかえってみて2006年を思い出すなあって曲はなんだろう?と思ったのですが、もうこの2曲に代表されるんじゃないかと。
両方とも今年出来た曲じゃないんだけど、音楽を聴いてこころが大きく動いたって瞬間があったのは、この2曲でした。
そして、音とともにまつわる思い出が大きいのもまたたしか。
「Natsu no Mujina」だと、5月の野音、フジロック、9月のEAST(なんかどれも泣いてたな…)
「今日を問うpart2」は6月の広島で引き付けられ、そしてフジ、渋谷ワンマン…
特に「Natsu no Mujina」は、もう、自分にとってまさしく今年を象徴した曲となりました。去ってゆく夏の後姿。まさに、そのもの。
カテゴリ:-SUMMARY of the year- | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wrigley.jugem.cc/trackback/175
トラックバック